DX-Sign、サイバートラストの「iTrust」採用。電子署名はAATL証明書対応可能に

クラウド型電子契約サービス「DX-Sign」はこの度、デジタルトランスフォーメーションにおけるビジネスプロセスのデジタル化を実現するサイバートラストのトラストサービス「iTrust(アイトラスト)」をDX-Signへ採用いたしました。

「iTrust(アイトラスト)リモート署名サービス」は、電子署名を利用する電子契約サービスの信頼性を確保するため、「JIPDEC トラステッド・サービス登録(リモート署名)」の厳格な基準による審査によって運用されているトラストサービスです。

また、国際的な電子認証局の監査規格である WebTrust for CA 監査 に合格し、Adobe 社の認定するルート証明書リスト(AATL)に対応したサイバートラストの「iTrust 電子署名用証明書」を採用したことで、Adobe AcrobatやAcrobat Readerなどで「有効な電子署名」として信頼性を視覚的に確認可能になります。

電子契約サービスは高いセキュリティレベルが求めらます。DX-Signは「いつ」「誰が」「何に合意した」という事が確認できる法的証拠力を担保しつつ、スピーディな業務フローを実現いたします。

今後も引き続き両社の知見とノウハウを活かし、お客様の安心・安全な利用を支援してまいります。

●プレスリリースの詳細はこちらからご確認ください。