電子契約サービス「DX-Sign」の署名方法が選択式になりました


この度、電子契約サービス「DX-Sign(ディーエックスサイン)、以下DX-Sign」が、署名方法の選択機能をリリースしたことをお知らせします。
この度の署名方式の選択機能のリリースにより、幅広い契約シーンや、電子化が求められる各種書類においても、DX-Signをご利用いただきやすくなります。

<リリースの背景>
電子署名での署名費用(送信費用)は1送信あたり一律で220円(税込)となっており、コスト面から利用する書類を制限されるユーザーもいらっしゃいました。結果として、会社にある様々な書類の電子化において、管理が一元化しにくくなり非効率な面もあるという声も聞こえておりました。そこで、電子署名以外の署名方法の選択を可能にし、書類ごとの送り分けを実現することで、送信にかかるコストを抑えた運用を行っていただけるようにいたしました。

▼▼機能の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。▼▼
ITbook XCloudの電子契約サービス「DX-Sign」、署名方法を選択式に。様々な「書類」の電子化へ対応しやすく。

DX-Signは、お客様から信頼いただけるクラウド型の電子契約サービスとして、今後もDXの実現とペーパーレス社会の実現へ向かってお客様と共に伴走してまいります。